19歳からの専門学校

大部分の方は専門学校に行く場合、高校を卒業してから行くのが多いです。専門学校によっては大学や短大よりも魅力のある学校や合格の難しい学校もあります。また、高校もそうでしたが専攻にもよりますが、大学・短大は学ぶべき事項が決められておりますので、専門学校の良さは学校の自由裁量が大きいということです。

この自由裁量を多いに生かして、高校卒業してから都市部を中心にキャンパスライフが始まるのです。もちろん、学校によってはサークル活動や部活動で魅力を増したり、学生の間で自治的に活動する会などで人間性も高めるのです。
青春としては一番楽しい時期に、その専門学校を選択することは大きな責任が伴います。実は、この分野が好きだと思っても、案外勉強してみると、本人の想像していたものと違っていたりして退学してしまうケースもあるからなのです。

その防止策として、入学希望者対象の説明会には積極的に参加する必要があります。教えていただける先生方とよく相談することも大事です。相談する内に、実は想像していたものと違っていたり、さらに合っている専門学校を紹介してくれたりする訳です。学習内容も、要点を確認することにより、憧れの職業の現実は、違うものだったのかと想像も出来るのです。